メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

台湾のミニチュア彫刻家、春節祝い今年も繊細な作品を披露

 1月22日、台湾のミニチュア彫刻アーティストの男性が、今年も春節(旧正月)を祝うための作品を作った。画像はビデオから(2019年 ロイター)

[PR]

 [22日 ロイター] - 台湾のミニチュア彫刻アーティストの男性が、今年も春節(旧正月)を祝うための作品を作った。昔話の「三匹の子豚」題材にした繊細なミニチュア彫刻で、中国の今年の十二支にちなんでいる。

     アーティストの陳逢顯(Chen Forng-Shean)さんは、虫眼鏡を覗きながら0.4インチ(約1センチ)ほどの米粒の上に乗せられた3匹のブタを慎重に仕上げていく。

     陳さんは、こうした十二支をモデルにした作品を20年以上作っている。これまでに手掛けた作品は200ほど。

     現在63歳だが、今後も製作を続けるという。作品は毎年どんどん小さくなっている。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

    2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

    3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

    4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

    5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです