メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

大は小を兼ねない! ミニバンよりステーションワゴンを選んだほうが間違いないケース5つ

情報提供:カートップ

大は小を兼ねない! ミニバンよりステーションワゴンを選んだほうが間違いないケース5つ

何でもかんでもミニバンの現状に待った!

 クルマに大きめの荷物を積む機会が多い、ペットとともにドライブに出掛けるためのクルマを探している……そんな人たちがクルマ選びで悩むのが、ミニバンか、ワゴンか? ではないだろうか。

 じつは、ホンダ・オデッセイのように、低フロアで3列目席を“床下”にフラット格納できるミニバンなら、3列目席格納前提で、大容量ワゴン変身させられるのだ。

ステーションワゴン

 が、荷物やペットを運び、乗せる機能にも特化しているワゴンならではのメリットは数多い。

1)低全高で立体駐車場への入庫も容易

 ミニバンは背の高さが命。Mクラスボックス型がミニバンの主流になっていることからも、それは明白。室内で子供が立って歩けるぐらいの室内高、大空間こそ、ミニバンを選ぶ大きな理由となる。しかし、そのためには全高が高くするしかない。

 たとえば、2018年上半期のミニバン販売台数NO.1のヴォクシー&ノア、エスクァイア軍団の全高は1825mm(4WDは1865mm)もある。この高さが売れ筋ミニバンの最適値とも言えるのだ。

ステーションワゴン

 となると、立体駐車場への入庫は不可能。出先の駐車事情で困ることがある。その点、セダン同等のワゴンの全高は立体駐車場への入庫も容易な高さとなる。

ステーションワゴン

 たとえばマツダ・アテンザワゴンは、FF、4WDを問わず1450mmでしかない。車幅制限はともかく、立体駐車場への入庫で高さ方向の制限を受けることはない。どうしても3列シートで立体駐車場に入庫したいのなら、全高1530~1540mmのホンダ・ジェイドが唯一の選択肢となるが、ミニバンらしい室内空間は期待できるはずもない。ジェイドは2018年春に加わった2列シートのワゴン版により大きな価値、魅力、実用性がある。

ステーションワゴン

2)低重心を生かした走りの良さ

 ほとんどのミニバンに対して低全高のワゴンは、基本(ベースとなるもの)はセダン、またはハッチバックだ。よって重心も低く、走りはセダンライクであり、車種によってはスポーティーな走りも楽しめる。カーブ、山道での安定感の高さにそれは表れる。

ステーションワゴン

 乗り心地にしても、重心の高さから倒れ込み、過大なロールを防ぐため、足まわりを固めざるをえないミニバンに対して、セダンに準じた快適性重視の足まわりセッティングが可能。より上質な乗り心地を得ていることが多い。

ステーションワゴン

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  2. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  3. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. 米大統領杯は137センチ、30キロ トランプ氏から朝乃山へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです