メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
的川博士の銀河教室

533 イプシロン4号機、内之浦の空へ

七つの衛星、軌道投入に成功

 7基の小型衛星を搭載(とうさい)した日本のロケット「イプシロン」4号機が、さる1月18日午前9時50分、鹿児島県の内之浦(うちのうら)宇宙空間観測所から轟音(ごうおん)を立てて飛び立ちました。ロケットは搭載したすべての衛星を予定された軌道に投入し、打ち上げは成功しました(写真1)。発射後順調に上昇(じょうしょう)を続けたロケットは、打ち上げからおよそ51分後に高度514キロで、最も大きな衛星を分離(ぶんり)し、その後、6基の超小型(ちょうこがた)衛星を順番に予定の軌道に投入していきました。

 「イプシロン」は、活用が広がる小型の人工衛星を低コストで打ち上げることを目標に、JAXA(宇宙航空…

この記事は有料記事です。

残り1088文字(全文1399文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです