メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大坂幕府

江戸時代初期に構想? 「ゆくゆく御居城に」 城再建者の書状発見

小堀遠州の書状。6行目から7行目にかけて「大坂ハ、ゆくゆくハ御居城にも可被成所(なさるべきところ)ニ御座候」と書かれている=大阪城天守閣提供

 江戸時代初期に徳川家将軍が大坂城に引っ越し、江戸幕府の本拠地とする「大坂幕府構想」があった可能性を示す、茶人で造園家の小堀遠州(1579~1647)の書状が見つかった。26日から大阪城天守閣(大阪市中央区)で公開されている。3月19日まで。【真野敏幸】

 書状は縦17センチ、横2・45メートルで、1626(寛永3)年12月17日付。1615年の大坂夏の陣で焼けた大坂城を二代将軍の徳川秀忠の命令で建て直した遠州が、築城名人とされ、基本設計を担当した義父・藤堂高虎に宛てたもの…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  4. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです