メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

語り継ぐ命 「人命第一のエレベーターを」

 「エレベーターの戸開(とかい)走行事故で高校生の息子を亡くした私は、今もエレベーターに乗ることができません」。そう語る市川正子さん(66)は支援者らと再発防止の活動を続け、今年で13年を迎える。

 東京都港区で2006年6月3日、学校から帰宅した長男大輔(ひろすけ)さん(当時16歳)は、自宅がある12階でエレベーターを降りる際、扉が開いたまま内部のかごが上昇し、かごの床面と出入り口の外枠に挟まれた。暮らしにかかわる重大な事故だったが、業務上過失致死罪に問われたメーカーの元保守担当者や、保守管理会社の幹部ら全員の無罪が確定し、誰も刑事責任を負わない結果になった。しかし、46万人分の署名を集めるなど再発防止の活動は国を動かし、建築基準法施行令の改正で09年9月以降は新設エレベーターに補助ブレーキなど戸開走行保護装置の設置が義務付けられた。

 しかし、改正前の既設エレベーター約70万台に改修義務はない。国土交通省は補助ブレーキ設置改修費用を…

この記事は有料記事です。

残り640文字(全文1062文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  2. 近畿、北陸、四国、九州で梅雨明け
  3. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです