メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

らっこ・ライブ・レビュー

高岩遼 ワル格好よさにビックリ

高岩遼

 ポピュラー音楽の神髄は「ビックリ」である。ビックリしないものは、あまり大したものではない。強烈であること。極端であること。切れ味が鋭いこと……。何か突出していなければ、大衆は記憶してくれない。この高岩遼には、腰を抜かすくらいビックリさせられた!

 昨年10月に「10(テン)」(ユニバーサル)からデビューした新人である。「10」は下積み10年の意味だとか。一応、ジャズのくくりではあるが、ヒップホップ系の「サナバガン」などを率いてストリートで鍛えてきた高岩ゆえ、一筋縄ではいかない。ビッグバンドを背に純白のダブルスーツでラスベガス風に登場するも、どこか工場のグリス臭がする。胸に隠したピストルが見えそうだ。立ち姿からして、…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文779文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです