東海道新幹線

新車両、五輪前デビュー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
試験運転を行っている東海道新幹線の次期新型車両「N700S」の確認試験車=愛知県安城市のJR三河安城駅で2018年6月5日、黒尾透撮影
試験運転を行っている東海道新幹線の次期新型車両「N700S」の確認試験車=愛知県安城市のJR三河安城駅で2018年6月5日、黒尾透撮影

 JR東海は、東海道新幹線の新型車両「N700S」を来年7月上旬に導入すると発表した。同月24日に開幕する東京五輪の直前の営業運転デビューとなる。神奈川県内を走行中に乗客が殺傷された昨年6月の事件を踏まえ、車内の防犯カメラを増やすなど安全装備の充実を図っている。

 JR東海は、約130編成ある現行車両を…

この記事は有料記事です。

残り107文字(全文258文字)

あわせて読みたい

ニュース特集