中学校制服

スカート・スラックス自由に 小6女子提案「自分らしく」 防寒対策・性的少数者配慮も 東京・中野区、区立中

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
中野区立中学校の制服の一例。原則スラックス(左)は男子用、スカートは女子用だったが、今年から性別に関わらず着用できる=提供写真
中野区立中学校の制服の一例。原則スラックス(左)は男子用、スカートは女子用だったが、今年から性別に関わらず着用できる=提供写真

 東京都中野区は新学期に向けて、区立中学校の制服を性別に関係なく自由選択にする方針を固めた。小学6年の女子児童の訴えがきっかけで、現在は原則として男子生徒がスラックス、女子生徒がスカートを着用しているが、誰もがどちらを選んでもよくなる。【坂根真理】

 酒井直人区長が2月1日に記者会見し、公表する。中野区には区立中全10校に制服があり、デザインは学校ごとに違う。防寒対策や性的少数者であることなどを理由に女子がスラックスを望む場合、着用は学校長の裁量に委ねられていた。

 自由選択は今春に区立中に入学する区内の小学6年の女児(12)が、制服を自由に選べるように区長に訴えたことがきっかけ。女児はサッカーが大好きでいつもスラックスをはく。昨秋、スカートをはきたくないと両親に打ち明けた。

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文737文字)

あわせて読みたい

注目の特集