メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マウス

気圧低下、三半規管で感知 哺乳類で初めて発見 愛知医科大

 マウスが気圧の低下を感知する部位が、内耳の中の平衡感覚をつかさどる器官「三半規管」にあることを、愛知医科大の佐藤純客員教授(疼痛(とうつう)医学)の研究グループが発見した。気圧の低下を感知する部位はこれまで鳥類では分かっていたが、哺乳類では初めてという。将来的に、気圧の低下に伴う疾患に特化した人への治療法の開発が期待される。26日、米科学誌「プロスワン」(電子版)に掲載された。

 天気の崩れで気圧が低下することで、頭痛がしたり気分が落ち込んだりすることは以前から知られ、「気象病…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. フーターズ運営が再生法申請 負債約5億円、営業継続

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです