メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

AI自治体の未来

 近未来の人口縮減時代には公務員の数も減ることが予測される。このため、自治体のAI(人工知能)活用計画が注目されるようになってきた。

 三重県桑名市は保育所の入所者選考をAIに任せる実証実験に間もなく着手する。今は、申請者の家族構成や保護者の就労状況、希望する保育施設など多岐にわたる条件を点数化して判定しているものの、個別の事情で複雑な調整も…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文428文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです