東日本大震災

福島第1原発事故 中間指針見直し否定的 原賠審会長「直ちに必要なし」 /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発事故に伴う東電の賠償の基準を定めた「中間指針」の見直しについて、国の原子力損害賠償紛争審査会(原賠審)の鎌田薫会長は25日、東京都内であった会議で「直ちに見直しや改定の必要はない」と述べた。これまで県内の弁護団などが賠償の水準を上げるなど指針の見直しを求める申し入れをしており、関係者は「原賠審が対応しないと、多くの被害救済がなされない」と批判している。

 この日の会議では、中間指針の見直しを求める要望があることや、原発事故の慰謝料増額を求める国の裁判外紛争解決手続き(原発ADR)で、東電が「中間指針と乖離(かいり)する」との理由で和解案の受諾を拒否し、和解手続きが打ち切られた事例などについて報告された。

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文829文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集