メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創作劇

閉校前に那須小 地域への感謝表現 伝説「殺生石」題材に 来月20日披露 /栃木

 児童数の減少により今年度で140年を超える歴史に幕を閉じる那須町立那須小(同町湯本)の児童が、地元の伝説を基にした創作劇「殺生石 風が教えてくれたお話」の練習に励んでいる。児童は2月20日、同校で開かれる閉校式典の前に劇を披露し、地域の人への感謝の気持ちを全身で表現する。【柴田光二】

 同小は昨年10月ごろ、児童の思い出作りのために劇を上演できないかと、那須塩原市を拠点に活動する劇団「らくりん座」に相談。児童は11月から劇団スタッフの指導を受けながら練習を始めた。全児童40人と地元の老人会会長の海藤邦雄さん(71)が出演する。

 脚本は、湯本地区にある九尾の狐伝説の舞台となった史跡「殺生石」の伝説を基に同劇団が作成。那須に住む…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文665文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 最新鋭マシンか伝統の技か 開票どちらが早く正確か 近づく参院選本番
  5. がん検診誤通知で女性死亡 「要精密検査」を「異常認めず」と 岐阜市

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです