メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成ものがたり

群馬の記憶 第2部/6 大泉町とブラジル人/下 言葉の壁、乗り越え 共生へ、官民模索 /群馬

 日系人の就労を解禁する改正入管法が平成2(1990)年に施行され、大泉町には多くの日系ブラジル人が住むようになった。その多くが直面したのが「言葉の壁」だった。【杉直樹】

 その頃、日系人にとって買い物はある種の「賭け」だった。店内は日本語の表記ばかりだったから中身が分からない。ツナ缶と思ったら猫の餌だった。コーヒー用のクリームと思ったらヨーグルト。洗剤と思って洗濯機に入れたら漂白されてしまった--。町内の移民資料館には、そんな苦々しい記憶の数々が書き残されている。

 ブラジル出身で、平成7(95)年に福島県に入り、平成11(99)年から大泉町に住む大西ジョージさん…

この記事は有料記事です。

残り1221文字(全文1505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

  2. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 全盲女性にCBCが謝罪と和解金 コンサートで不適切対応

  5. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです