メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横浜市

来年度当初予算案 一般会計1兆7615億円 5年連続で増加 /神奈川

 横浜市は25日、2019年度当初予算案を発表した。一般会計は過去最大の1兆7615億円(前年当初比2・0%増)で5年連続増加し、特別会計などを含む総額は3兆7048億円(同3・1%増)となった。市は、人口減少・超高齢化社会を見据えながら発展を継続させる施策を推進しつつ、財政健全性の維持の両立を図るとしている。今回は、横浜で今年開催されるラグビーワールドカップ(W杯)、来年の東京五輪といった国際イベントに備えた予算案も計上している。【田中義宏】

 林文子市長は記者会見で「戦後初の人口減少に備えるため、あるいは高齢化を支える現役世代、経済活性化の…

この記事は有料記事です。

残り2164文字(全文2438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 月経周期の平均日数は年齢とともに変化 国立成育医療研究センターが発表

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです