メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茅ケ崎・小5いじめ

教委に弁護士配置 市の再発防止検討会議が報告書 /神奈川

 茅ケ崎市の市立小学校で男子児童が同級生にいじめられて不登校になった問題を受け、市のいじめ再発防止検討会議は25日、市教委への弁護士の配置、小学校の学級に担任以外の教職員が関与する仕組みなどを求める報告書を発表した。

 いじめを調査した第三者委員会の昨年末の答申を踏まえ、検討会議は教職員間で情報共有を徹底し、専門家の支援を受ける必要があると指摘している。対策としては…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです