特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第91回選抜高校野球

津田学園、春の吉報 選手ら笑顔はじけ(その1) 「やるぞ」さっそく練習 /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
センバツ出場が決まり喜ぶ津田学園の選手たち=三重県桑名市で2019年1月25日、兵藤公治撮影
センバツ出場が決まり喜ぶ津田学園の選手たち=三重県桑名市で2019年1月25日、兵藤公治撮影

 <2019 第91回センバツ高校野球>

 待ちに待った吉報に、選手たちの笑顔がはじけた。第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の選考委員会で25日、津田学園のセンバツ出場が決まった。2002年以来17年ぶり3回目の出場。昨秋の東海大会で準優勝を果たし、つかんだ夢舞台への切符に全校は喜びで沸いた。大会は3月15日に組み合わせ抽選会があり、23日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する。【谷口豪、森田采花、佐野裕】

センバツ高校野球出場の連絡を受ける津田学園の山川政美校長(中央)=三重県桑名市の同校で2019年1月25日、兵藤公治撮影 拡大
センバツ高校野球出場の連絡を受ける津田学園の山川政美校長(中央)=三重県桑名市の同校で2019年1月25日、兵藤公治撮影

 午後3時20分、津田学園の校長室の電話が鳴った。落ち着いた様子で受話器を取った山川政美校長は真剣な表情でしばらく耳を傾け「ありがとうございます。謹んでお受け致します」と答えて電話を切った。近くに控えていた職員らに「本校野球部がセンバツ大会に選ばれたことを報告します」と話すと、拍手が起こった。

 その後、大勢の関係者が見守る中、センバツ出場を知らせる懸垂幕が同校の体育館に掲げられ、歓声があがった。同校グラウンドでは、出場を決めた選手らを祝おうと生徒や保護者らが駆けつけた。選手らは笑顔で整列し、山川校長から「センバツ大会に本校が選ばれました。しっかりと頑張ってください」と報告を受けた。

 佐川竜朗監督はさっそく選手を集めてミーティングを開いた。「甲子園で最高の結果が残せるようにあすからは切り替えて全力で元気でやろう」と声をかけると選手たちも大きな声で「よっしゃ、やるぞ」と応えていた。

 同校柔道部で野球の観戦が趣味だという松永朋樹さん(3年)はカメラを手に、選手らの喜ぶ様子を撮影していた。「在校生としてうれしい。甲子園では持ち味の力強い投球とつながる打線を見せてほしい」と話した。

 スマートフォンで喜ぶ選手たちを撮影していたチアリーディング同好会の高尾古音紗さん(1年)は「大舞台で活躍する選手たちを応援できることがうれしい。初めての甲子園なのでしっかり練習したい」と気を引き締めていた。

 選手たちを近くで支えてきたマネジャーたちの目には涙がたまっていた。石井千百合さん(2年)は「東海大会決勝で負けた悔しさが残り、選ばれるか不安だった。1勝でも多く勝つためのサポートを全力でしていきたい」と力を込めた。

 グラウンドではさっそく選手たちがランニングをしたりバッティングをしたり練習に力を入れていた。選手たちは「甲子園で勝つために頑張っていこうな」と互いに励まし合っていた。

本紙号外2000部配布

 ○…センバツ出場決定を報じる毎日新聞の号外が津田学園高や桑名市の近鉄・JR桑名駅周辺などで約2000部配られた。号外を手にした同高2年の小林莉央さんと森田玲央さんは「絶対に優勝してほしい」とエールを送った。主戦の前佑囲斗投手(2年)の母千鶴さん(47)は「精いっぱいチームのために頑張ってほしい」と甲子園での活躍に期待していた。

〔三重版〕

次に読みたい

あわせて読みたい