特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第91回選抜高校野球

履正社、夢の頂へ出発 勝負強さ、キラリ光る(その1) /大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
センバツ出場が決まり、岡田龍生監督を胴上げして喜ぶ履正社の選手たち=大阪府豊中市で2019年1月25日、望月亮一撮影
センバツ出場が決まり、岡田龍生監督を胴上げして喜ぶ履正社の選手たち=大阪府豊中市で2019年1月25日、望月亮一撮影

 <2019 第91回センバツ高校野球>

春便りに喜びと決意

 25日に開かれた第91回選抜高校野球大会の選考委員会で、府内からは履正社(豊中市)が2年ぶり8回目の出場を決めた。昨秋の府大会で優勝し、近畿地区大会でも4強入り。投打に優れた戦いぶりが評価された。吉報が届くと選手たちは、喜びを分かち合い、悲願の“日本一”に向けて、決意を新たにしていた。一方、21世紀枠の近畿地区候補だった八尾(八尾市)は出場を逃した。【池田一生、岡崎英遠、土田暁彦】

 午後3時半ごろ、豊中市長興寺南4の履正社高校の校長室で、電話が鳴った。小森重喜校長が受話器を手に取ると、選抜出場を伝える声で、「謹んで拝受申し上げます」と答え、笑みがこぼれた。

 小森校長は、グラウンドに集合していた選手たちに出場決定を報告し「おめでとう。これから大会までの2カ月間、けがなく、一丸となって臨んでください」と激励した。

 春の便りに、選手たちは緊張気味だった表情を緩ませた後、空に向かって帽子を投げたり、岡田龍生監督を胴上げしたりして、喜びを爆発させた。

 チームは近畿地区大会で4強入りしたものの、準決勝の龍谷大平安(京都)戦で七回コールド負けしている。このため、その後のミーティングの度に岡田監督は「センバツ出場は、厳しいぞ」と選手たちに言い続けていたと言う。選手たちも秋以降、落ち着かない中で練習に取り組んでいたといい、野口海音(みのん)主将(2年)は「不安だったので、出場が決まって良かった」とほっとした表情。「甲子園は子どもの頃から目標にしていた舞台。頑張りたい」と意気込んだ。

 履正社は過去2度、センバツの決勝で敗れており、優勝はチームの悲願だ。岡田監督は「目標はもちろん優勝。体も大きくなり、チームは順調に来ている。残りの期間で、課題を詰めて大会に入りたい」と、日本一に向けて自信をのぞかせた。

本紙号外に祝福の声

センバツ出場決定を報じる号外を読む履正社の選手たち=大阪府豊中市で2019年1月25日、望月亮一撮影 拡大
センバツ出場決定を報じる号外を読む履正社の選手たち=大阪府豊中市で2019年1月25日、望月亮一撮影

 センバツ出場決定を受け、同校では「履正社に春切符」という見出しの毎日新聞号外が配られた。受け取った生徒や保護者らからは「おめでとう」と祝福の声が上がった。野口主将の母由佳さん(49)は「優勝を信じて、サポートしていきたい」と期待を込めた。

夏に向け全力で成長を 八尾高

 府内で初めて21世紀枠の近畿地区候補に選出されていた八尾高校。昨秋の府大会では機動力を生かした攻撃などで16強入りし、67年ぶりのセンバツ出場が期待されていたが、惜しくも選出されなかった。

 午後4時過ぎの練習前のミーティングで選手たちを前に、長田貴史監督は「21世紀枠候補の9校に残していただいたのは、勉強など野球以外の部分でも評価されてのこと。夏に向けて頑張っていきましょう」と呼びかけた。西浦謙太主将(2年)は「残念だったが、すぐに気持ちを切り替えた。候補校に残していただいたのはOBの方々の積み重ねがあってこそ。まだまだ成長途上のチームだが、夏の大会で勝ち上がれるよう全員で取り組んでいきたい」と力を込めた。

次に読みたい

あわせて読みたい