メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもは社会の鏡

話をじっくり聞いて

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 学ぶ・育つ・挑む>

 2015年11月4日、鹿児島県奄美市の市立中学1年の男子生徒(当時13歳)が自ら命を絶ちました。中学校や市教育委員会が調査をしましたが、背景は明らかになりませんでした。一方、市教委側は、直後に開かれた臨時校長研修会で「いじめた側の子どもが責任を感じて自殺した」と説明しました。その後、遺族からの申し入れがあり、第三者委員会が設置され、先月、調査報告書が公表されました。

 今回は、この報告書を基に考えたいと思います。

この記事は有料記事です。

残り1141文字(全文1373文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです