メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 学ぶ・育つ・挑む>

加害者と誤認、生徒が自殺

 2015年11月4日、鹿児島県奄美市の市立中学1年の男子生徒(当時13歳)が自ら命を絶ちました。中学校や市教育委員会が調査をしましたが、背景は明らかになりませんでした。一方、市教委側は、直後に開かれた臨時校長研修会で「いじめた側の子どもが責任を感じて自殺した」と説明しました。その後、遺族からの申し入れがあり、第三者委員会が設置され、先月、調査報告書が公表されました。

 今回は、この報告書を基に考えたいと思います。

この記事は有料記事です。

残り1129文字(全文1373文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 廃車「プリウス」の部品活用 秋田のベンチャーが小型発電機販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです