メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
勝利の方程式

大和のアスリートたち 競歩・中谷知博選手(智弁学園奈良カレッジ高1年) 理想のフォーム追求 /奈良

「奥深い」という競歩のフォームを追求する中谷知博選手=奈良県香芝市の智弁奈良カレッジで、姜弘修撮影

 智弁学園奈良カレッジ高陸上部の競歩に期待の新鋭がいる。1年生の中谷知博選手(16)だ。競歩を始めて1カ月半で近畿ユース大会1年男子5000メートル競歩を制し、昨年11月に東広島市であった記録会では1年男子の今年度の全国ランキング1位のタイムをたたき出した。中学時代から長距離走で培った持久力と、身近に国内トップクラスの先輩がいたことで素質が開花した。

 中谷選手は長距離走を続けるため智弁カレッジに進学したが、練習に思うように付いていけなかった。そんな…

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文754文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです