特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第91回選抜高校野球

夢へ 智弁和歌山/市和歌山(その2止) 5年ぶり、県勢2校 /和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <センバツ2019>

智弁和歌山 攻守にわたり安定

 智弁和歌山は2017年夏、昨年春、夏に続いて4季連続の出場。昨春は準々決勝と準決勝でいずれも5点差をひっくり返す勝負強さを見せて準優勝し、伝統の「強打」復活を印象づけた。昨年の甲子園を経験した選手が主力としてチームを引っ張り、攻守にわたって安定している。

 昨秋の県2次予選では準々決勝、準決勝ともコールドで勝ち上がると、市和歌山との決勝では一時6点リードされたものの終盤の粘りで逆転勝ち。秋季近畿大会は1回戦で大阪偕星を12-5で降し、準々決勝では昨夏の甲子園で史上初の2度目の春夏連覇を遂げた大阪桐蔭に5-2で勝利した。準決勝では明石商に敗れたが、大いに存在感を示した。

 打撃の中心は、黒川史陽主将、東妻純平選手、根来塁選手(いずれも2年)ら甲子園経験組。綾原創太、細川凌平両選手は1年生ながら打力、俊足を生かしてチームを勢いづける。投手陣は、近畿大会で好投した池田泰騎投手(1年)、池田陽佑投手(2年)が柱。

 ◆学校プロフィル

監督は97年夏V主将

 1978年、奈良の学校法人・智弁学園の兄弟校として開校した。中高一貫6年制コースと編入コース、スポーツコースがあり、県内屈指の進学校。生徒数は男子445人、女子339人。「真心のある明るい元気な子」の育成を目指す。

 野球部は79年創部で、全員がスポーツコースに所属。センバツは85年の初出場以来12回出場し、94年に初優勝した。夏も昨年で23回目の出場を数え、全国制覇を2度果たした。

 甲子園で春夏通算68勝の最多勝利記録を持つ高嶋仁監督(現名誉監督)が昨夏に勇退。後任の中谷仁監督は同校OBで、主将として出場した97年夏に優勝している。

 和歌山市冬野2066の1(073・479・2811)。

 ◆対戦成績

【公式戦】

秋季県大会

 10-0 桐蔭

 10-3 南部

  9-6 市和歌山

秋季近畿大会

 12-5  大阪偕星学園

  5-2  大阪桐蔭

▲ 0-12 明石商

6試合5勝1敗(▲は敗戦)

 ◆智弁和歌山の予想メンバーと個人成績◆

 監督・中谷仁 部長・古宮克人

打順 守備位置 氏名    学年 出身中学 身長  体重 試合数 打数 安打 打点 本塁打 三振 四死球 盗塁 失策 打率

   投手   池田陽佑  2  宇治   182 85   5  1  0  0   0  0   1  0  0 .000

 4 捕手   東妻純平  2  紀伊   174 75   6 19  7  8   2  2   3  1  1 .368

 6 一塁   佐藤樹   2  貴志川  176 72   6 18  6  4   0  2   2  0  1 .333

 3◎二塁  ▽黒川史陽  2  河合第一 182 80   6 19  6  5   0  1   4  0  1 .316

 9 三塁   綾原創太  1  貴志   172 70   6 19 10 11   2  0   2  0  1 .526

 2 遊撃   西川晋太郎 2  保田   168 68   6 24  8  5   0  1   2  0  0 .333

 5 左翼  ▽根来塁   2  貴志川  170 65   6 18  9  4   0  0   4  0  0 .500

 1 中堅  ▽細川凌平  1  嵯峨   174 72   6 26 13  1   0  2   2  2  0 .500

 7 右翼   久保亮弥  2  矢渕   178 76   5 13  4  1   0  2   2  0  0 .308

   補内   入江諒   2  高積   170 66   3  3  1  1   0  0   0  1  0 .333

 8  投  △池田泰騎  1  登美丘  175 72   6  9  4  2   0  1   0  0  0 .444

    捕   湯浅公貴  2  南部   182 85   1  1  0  0   0  1   0  0  0 .000

    内   川上珠嵐  1  東和   170 82   1  1  0  0   0  0   0  0  0 .000

    内   平田晃将  1  福泉南  173 70   1  1  0  0   0  0   0  0  0 .000

    外  △硲祐二郎  2  東    176 72   3  4  1  1   0  0   0  0  0 .250

    外  ▽小林白彪  1  由良   178 68   3  4  0  0   0  2   0  0  0 .000

    投  △山本雄太  2  西脇   177 77   1  0  0  0   0  0   0  0  0    -

    投   小林樹斗  1  松洋   181 76   3  0  0  0   0  0   0  0  0 .000

    外   畑脩平   1  福泉南  174 70   -  -  -  -   -  -   -  -  -    -

    投  △矢田真那斗 1  太地   179 71   -  -  -  -   -  -   -  -  -    -

(◎は主将、▽は右投左打、△は左投左打)

※チームが主催者に提出した資料による


市和歌山 堅実プレーに強み

 市和歌山の部員数は1、2年生各20人の計40人。傑出した選手はいないがコツコツと安打を積み重ねる粘りが強みで、守りも重視し、堅実なプレースタイルを貫く。

 昨秋の県2次予選では準々決勝で和歌山東に2-1、準決勝で田辺に6-1で勝利した。決勝では智弁和歌山に6-9で敗れたものの中盤まで一時6点をリードし、強豪を慌てさせた。

 続く秋季近畿大会では、近江兄弟社(滋賀)との1回戦で相手の失策などで得た好機に安打を絡めて着実に得点し、8-4で勝利。準々決勝では、大会を制した龍谷大平安(京都)に4-5で惜敗したものの、古豪相手に一歩も引かない健闘を見せ、センバツ切符をしっかり引き寄せた。

 投手陣は、主戦の岩本真之介投手(1年)が昨秋に登板した公式戦全6試合で完投し、安定感は抜群。右腕・柏山崇投手(2年)も140キロ超の直球を武器に相手を抑える。

 打撃は、昨秋の公式戦8試合中、6試合でふた桁安打を放った。山野雄也、下井田知也両選手(ともに2年)が出塁して流れを作り、緒方隆之介選手(2年)につなぐ切れ目のない打線が身上だ。

 ◆学校プロフィル

プロ選手を多数輩出

 1951年、市和歌山商(定時制)として開校した。57年に全日制が設置され、2009年に校名を市和歌山に変更した。全日制には普通科、総合ビジネス科、デザイン表現科があり、定時制にはビジネス実践科とビジネス情報科が置かれている。

 全日制の生徒数は男子282人、女子492人。定時制は男子27人、女子は15人。校訓は「誠実、思索、実践」で、興味や希望を重視しながら可能性を引き出す教育を目指す。

 野球部は57年創部。OBにヤクルトの川端慎吾選手や、元阪神の藤田平氏、元広島の正田耕三氏ら。過去に春5回、夏5回出場し、1965年春に準優勝した。

 和歌山市六十谷45(073・461・3690)。

 ◆対戦成績

【公式戦】

秋季県大会

  5-0 耐久

 11-0 星林

  4-1 粉河

  2-1 和歌山東

  6-1 田辺

▲ 6-9 智弁和歌山

秋季近畿大会

  8-4 近江兄弟社

▲ 4-5 龍谷大平安

8試合6勝2敗(▲は敗戦)

 ◆市和歌山の予想メンバーと個人成績◆

 監督・半田真一 部長・岩本悠

打順 守備位置 氏名    学年 出身中学   身長  体重 試合数 打数 安打 打点 本塁打 三振 四死球 盗塁 失策 打率

 9 投手  △岩本真之介 1  耐久     180 61   6 21  5  3   0  3   0  0  0  .238

 6◎捕手   米田航輝  2  山直     170 73   8 28  7  4   0  3   4  0  0  .250

 7 一塁  ▽片上柊也  2  熊取北    166 72   8 28 11  5   0  6   0  1  2  .393

 2 二塁   下井田知也 2  紀伊     171 68   8 27 11  5   0  1   4  0  1  .407

 1 三塁   山野雄也  2  西浜     165 67   8 32 15  6   0  3   5  0  3  .469

 3 遊撃   緒方隆之介 2  明和     172 71   8 29 12  8   1  0   1  1  1  .414

 8 左翼  ▽瀧谷侑斎  1  金屋     174 72   8 27  8  0   0  3   4  1  0  .296

 5 中堅  ▽上原拓海  1  伏虎義務教育 164 71   7 22  7  0   0  6   3  0  0  .318

 4 右翼   柏山崇   2  新庄     174 75   6 16  6  4   0  1   1  1  1  .375

   補投  △奴田宗也  1  高野口    168 55   2  4  2  4   1  1   0  0  0  .500

    内   鈴木大陽  2  妙寺     172 72   1  1  1  0   0  0   0  0  0 1.000

    内   南出椋生  2  高積     180 83   5 16  5  3   1  5   1  0  0  .313

    外  ▽壹岐有翔  1  泉佐野市第三 186 73   3 11  0  0   0  2   0  0  0  .000

    外   山田叶夢  2  郷荘     172 67   1  3  1  0   0  2   0  0  0  .333

    外  △松山敦紀  2  日進     178 80   -  -  -  -   -  -   -  -  -     -

    内   榎田玲也  1  東陽     179 75   -  -  -  -   -  -   -  -  -     -

    投  △近藤陽樹  1  日進     173 81   -  -  -  -   -  -   -  -  -     -

    補   丸野秀晃  2  熊取南    173 72   -  -  -  -   -  -   -  -  -     -

    内   福田貫人  1  河西     166 57   1  0  0  0   0  0   0  1  0     -

    投  ▽山崎晃太郎 2  岩出第二   180 71   -  -  -  -   -  -   -  -  -     -

    内   川口陽暉  1  東      164 61   -  -  -  -   -  -   -  -  -     -

    内   桑原淳成  1  箕島     180 98   -  -  -  -   -  -   -  -  -     -

(◎は主将、▽は右投左打、△は左投左打)

※チームが主催者に提出した資料による。

次に読みたい

あわせて読みたい