特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第91回選抜高校野球

「夏こそ校歌を」 補欠の平田、気持ち新た /島根

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
植田悟監督から夏の甲子園へ向けて激励される平田の選手たち=島根県出雲市平田町の同校で、鈴木周撮影 拡大
植田悟監督から夏の甲子園へ向けて激励される平田の選手たち=島根県出雲市平田町の同校で、鈴木周撮影

 <2019 第91回センバツ高校野球>

 第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の選考委員会が25日にあり、「21世紀枠」中国地区候補校だった平田は選ばれず補欠に回った。選手たちは悔しそうな表情を浮かべながらも、夏の甲子園出場に向け、新たなスタートを切った。

 この日午後3時半ごろ、練習の冒頭に28人の部員に集合がかかった。坂根昌宏校長が残念な結果を伝え、「自信にしてほしい。夏の甲子園で校歌を歌いましょう」と励ました。その後、植田悟監督が「センバツを想定して本気で練習したことで力が付いている。さあこれからだ」と鼓舞。選手たちは早速、練習に取りかかった。

 植田航主将(2年)は子どもたちへの野球教室開催など、地域に貢献する姿勢が高く評価されたことを受けて「今後も取り組みを継続したい」と話した。センバツ出場を逃したことについては「冬場で力を付けて、夏こそは甲子園に出たい」と前を向いた。【鈴木周】

次に読みたい

あわせて読みたい