メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人労働者

146万人 昨年10月、過去最多更新

 厚生労働省は25日、2018年10月時点の外国人労働者が146万463人に達し、07年に届け出が義務化されて以降、過去最多を更新したと発表した。前年より14・2%、約18万人の増加となった。08年には約49万人だったが、この10年間で3倍に増えた形だ。

 少子高齢化の影響で働き手の中心となる15~64歳の生産年齢人口は急減。景気の回復傾向も背景に深刻な人手不足が続いており、企業が外国人を積極的に受け入れていることが要因とみられる。

 今年4月には外国人労働者の受け入れを単純労働分野にも拡大する新制度が始まり、5年間で最大約34万人…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  5. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです