メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
展望・日本経済2019

革新的商品で難局打開 サントリーホールディングス・新浪剛史社長

インタビューに答えるサントリーHDの新浪剛史社長=藤渕志保撮影                                                                    

新浪剛史(にいなみ・たけし)社長

 --今年の日本経済をどう見ていますか。

 ◆賃金は上がっているのにデフレマインドを払拭(ふっしょく)できず、将来への不安から消費を備えに回す行動が顕著だ。世界では、中国が米中貿易摩擦などで減速しており、米国も減税効果が薄れる。欧州はドイツのメルケル首相が2021年の退任を決めるなど不安定さが増す。10月ごろの世界経済は今より悪化している可能性が高く、消費税増税は厳しいタイミングと重なる。だが、さまざまな政府の消費喚起策が予定されており、20年には東京五輪・パラリンピックも開催されるため、ある程度の底支えは期待できるだろう。

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文1011文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  5. クローズアップ 日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです