メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展望・日本経済2019

革新的商品で難局打開 サントリーホールディングス・新浪剛史社長

インタビューに答えるサントリーHDの新浪剛史社長=藤渕志保撮影                                                                    

新浪剛史(にいなみ・たけし)社長

 --今年の日本経済をどう見ていますか。

 ◆賃金は上がっているのにデフレマインドを払拭(ふっしょく)できず、将来への不安から消費を備えに回す行動が顕著だ。世界では、中国が米中貿易摩擦などで減速しており、米国も減税効果が薄れる。欧州はドイツのメルケル首相が2021年の退任を決めるなど不安定さが増す。10月ごろの世界経済は今より悪化している可能性が高く、消費税増税は厳しいタイミングと重なる。だが、さまざまな政府の消費喚起策が予定されており、20年には東京五輪・パラリンピックも開催されるため、ある程度の底支えは期待できるだろう。

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文1011文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです