メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展望・日本経済2019

革新的商品で難局打開 サントリーホールディングス・新浪剛史社長

インタビューに答えるサントリーHDの新浪剛史社長=藤渕志保撮影                                                                    

新浪剛史(にいなみ・たけし)社長

 --今年の日本経済をどう見ていますか。

 ◆賃金は上がっているのにデフレマインドを払拭(ふっしょく)できず、将来への不安から消費を備えに回す行動が顕著だ。世界では、中国が米中貿易摩擦などで減速しており、米国も減税効果が薄れる。欧州はドイツのメルケル首相が2021年の退任を決めるなど不安定さが増す。10月ごろの世界経済は今より悪化している可能性が高く、消費税増税は厳しいタイミングと重なる。だが、さまざまな政府の消費喚起策が予定されており、20年には東京五輪・パラリンピックも開催されるため、ある程度の底支えは期待できるだろう。

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文1011文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです