メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ライザップ

化粧品子会社を売却 投資会社に

 RIZAP(ライザップ)グループは25日、化粧品の開発・販売を手掛ける子会社ジャパンゲートウェイ(東京)を名古屋市の投資会社「萬楽庵」に売却したと発表した。ライザップは2019年3月期連結決算の最終(当期)損益が赤字に転落する見通しで、本業のフィットネスクラブと関連の薄い事業について撤退や売却などの構造改革を進めている。

 売却額は非公表だが、ライザップは売却に伴い約8億円の損失を19年3月期決算に計上する。

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 北海道知事が緊急事態宣言 「この週末は外出控えて」 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです