メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
くらしナビ・ライフスタイル

「サウナー」女子もじんわり

フィンランドに住むラウラさんの祖父母宅にあるサウナ。祖父の手作りで、まきストーブで温める=ラウラ・コピロウさん提供

 以前は中高年男性向けのイメージが強かったサウナ。だが、ここ数年、「心身をリフレッシュできる」と若者や女性にも広がり、施設も多様化。各地でイベントも行われている。専門家は本場・フィンランドの公衆サウナと日本の銭湯の共通点を指摘する。

 サウナ愛好家で作る一般社団法人「日本サウナ・温冷浴総合研究所」(日本サウナ総研)が約1万人を対象に昨年実施したインターネット調査では、月に4回以上サウナに入る人は4・6%。月に1回以上サウナに入る人は13・8%だった。特任研究員の斉藤みかさん(33)は「サウナ情報を発信するサイトやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)が活発化し、熱狂的なサウナ好きが生まれている」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1817文字(全文2126文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. おっさんずラブ 田中圭&林遣都&吉田鋼太郎が「徹子の部屋」に 徹子のムチャぶりでラブバトル!?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです