メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

「サウナー」女子もじんわり

フィンランドに住むラウラさんの祖父母宅にあるサウナ。祖父の手作りで、まきストーブで温める=ラウラ・コピロウさん提供

 以前は中高年男性向けのイメージが強かったサウナ。だが、ここ数年、「心身をリフレッシュできる」と若者や女性にも広がり、施設も多様化。各地でイベントも行われている。専門家は本場・フィンランドの公衆サウナと日本の銭湯の共通点を指摘する。

 サウナ愛好家で作る一般社団法人「日本サウナ・温冷浴総合研究所」(日本サウナ総研)が約1万人を対象に昨年実施したインターネット調査では、月に4回以上サウナに入る人は4・6%。月に1回以上サウナに入る人は13・8%だった。特任研究員の斉藤みかさん(33)は「サウナ情報を発信するサイトやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)が活発化し、熱狂的なサウナ好きが生まれている」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1817文字(全文2126文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  3. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選
  4. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです