メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創作の原点

文筆家・石井光太さん 乱読300冊、世界違って見えた

=内藤絵美撮影

 生まれ育った家は、創作の最前線だった。父親は舞台美術家。俳優や演出家らがしばしば訪れる。「物心ついたころから、何かを創って生きていくものと思っていました」。本を読んだり映画を見たりすることは、お金がかかってもとがめられなかった。

 では、何を創るか。当初は映像に興味があった。中学生のころ、ビデオを回し映画を創った。さまざまな人が参加する。自分の意図通りに動いてくれるわけでもない。「作品を創るときに、120%自分の世界を描く」ことができそうな、文章に引かれた。また谷崎潤一郎の作品を読み、文章には映像を超え得る力、リアリティーがあり、人に実感を与えることに驚いた。「作家という道が、自分の中で大きくなっていきました」

 さらに高校生のころ、学習塾の経営者が開いている会に参加した。サロンのようで、優秀な生徒らが集ってい…

この記事は有料記事です。

残り1223文字(全文1582文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです