メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラインブレーク

ラグビーW杯日本大会 第1部 ジャパンの足跡/4 1991年第2回大会 林敏之さん

1991年の第2回W杯のジンバブエ戦で日本はW杯初勝利を挙げた=ロイター共同

 日本のワールドカップ(W杯)初勝利は1991年の第2回大会、1次リーグ3戦目のジンバブエ戦。2015年に南アフリカから劇的な白星を挙げるまで長きにわたりW杯で唯一の白星だった。当時、ロックとしてチームの中心だった林敏之さん(58)は個々の特性を生かしたチームづくりをポイントに挙げた。【聞き手・村社拓信】

 会場は北アイルランドのベルファスト。当時はテロの脅威にさらされ、街では装甲車のようなものが走り、兵士が立っていた。日本では見ない光景で、緊張感があった。

この記事は有料記事です。

残り875文字(全文1105文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです