メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

野田之一さん 87歳=四日市ぜんそく、最後の原告

野田之一さん

 三重県四日市市のぜんそく患者が大気汚染の責任を初めて本格的に裁判で追及した四日市公害訴訟の原告で、唯一の存命者だった野田之一(のだ・ゆきかず)さんが25日、死去した。87歳。

 漁師をしていたが、ぜんそくを発症し30代で認定患者になった。企業6社に損害賠償を求めて1967年、他のぜんそく患者8人と提…

この記事は有料記事です。

残り93文字(全文243文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 座間事件 「後悔はある。もっと遊びたかった」 9人殺害・白石被告一問一答(その1)

  4. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです