メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出前授業

鯨肉味わう NPOが文化伝える 東京・巣鴨の小学校

子どもたちに、鯨肉とクジラの皮の調理方法を説明するNPO法人「海のくに・日本」のメンバー=東京都豊島区西巣鴨1の西巣鴨小学校で2019年1月25日、加藤明子撮影

 7月に日本近海で商業捕鯨が再開されるのを前に、日本の魚食文化を伝える活動に取り組むNPO法人「海のくに・日本」が25日、東京都豊島区の区立西巣鴨小学校(野村友彦校長)で出前授業を行った。メンバーは日本が昨年末、国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を決めた経緯や理由を説明。全校児童約340人が、給食で竜田揚げなどの鯨肉料理を味わった。

 この日の授業には5年生41人が出席したが、クジラを食べたことがある児童は一人もいなかった。海のくにのメンバーは、IWCで日本やノルウェーなど鯨肉を食べる国と、米国やオーストラリアなど鯨肉を食べない国が対立してきたことを説明。白石ユリ子理事長は「日本だけが正義ではない。反対する国にも正義はある。日本は30年以上、反捕鯨国を説得しようと努力したが、だめだったので脱退した」と語りかけた。

この記事は有料記事です。

残り134文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです