メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出前授業

鯨肉味わう NPOが文化伝える 東京・巣鴨の小学校

子どもたちに、鯨肉とクジラの皮の調理方法を説明するNPO法人「海のくに・日本」のメンバー=東京都豊島区西巣鴨1の西巣鴨小学校で2019年1月25日、加藤明子撮影

 7月に日本近海で商業捕鯨が再開されるのを前に、日本の魚食文化を伝える活動に取り組むNPO法人「海のくに・日本」が25日、東京都豊島区の区立西巣鴨小学校(野村友彦校長)で出前授業を行った。メンバーは日本が昨年末、国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を決めた経緯や理由を説明。全校児童約340人が、給食で竜田揚げなどの鯨肉料理を味わった。

 この日の授業には5年生41人が出席したが、クジラを食べたことがある児童は一人もいなかった。海のくに…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  5. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです