メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフルエンザ

流行ピークに 愛知が患者数最多 大幅増

 厚生労働省は25日、全国約5000の定点医療機関から報告されたインフルエンザの患者数が、14~20日の1週間で1医療機関当たり53・91人になったと発表した。患者数は前の週(38・54人)から大きく増え、過去2番目に多くなった。今冬も流行のピークを迎えているとみられる。

 この1週間で医療機関にかかった患者は全国で推計213万人に上り、前週より約50万人増えた。今冬の累計は542万人。年齢別に見ると、5~9歳が35万人、10~14歳が26万人、0~4歳が25万人と、子どもが多い。学校などの休校や学級・学年閉鎖も相次ぎ、休校102▽学年閉鎖1451▽学級閉鎖4721--に上った。入院患者の報告は3321人で、60代以上が約3分の2を占めた。

 地域別では、青森、秋田、島根の3県を除く44都道府県で流行の警報レベル(1医療機関当たり患者数30…

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文914文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです