メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

野田之一さん 87歳=四日市ぜんそく、最後の原告

 三重県四日市市のぜんそく患者が大気汚染の責任を初めて本格的に裁判で追及した四日市公害訴訟の原告で、唯一の存命者だった野田之一(のだ・ゆきかず)さんが25日、死去した。87歳。

 漁師をしていたが、ぜんそくを発症して30代半ばで認定患者になった。四日市市臨海部の石油化学コンビナートの工場排煙に含まれた硫黄酸化物による大気汚染が原因として企業6社に損害賠償を求めて1967年9月、他のぜんそく患者8人とともに提訴した。

 津地裁四日市支部は72年7月24日、工場排煙と健康被害の因果関係を認め、6社の共同不法行為として、…

この記事は有料記事です。

残り1203文字(全文1461文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 小沢健二さんが追突事故 八王子市の路上、自分で警察に通報
  5. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです