海自「いずも」韓国寄港中止も 防衛交流に影響

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
護衛艦「いずも」=神奈川県横須賀市で2018年12月18日、本社ヘリから玉城達郎撮影
護衛艦「いずも」=神奈川県横須賀市で2018年12月18日、本社ヘリから玉城達郎撮影

 防衛省は4月に予定していた海上自衛隊の護衛艦「いずも」の韓国への寄港を中止する検討に入った。政府関係者が26日、明らかにした。韓国側も海軍司令官の2月訪日を見送る意向を既に伝えてきたという。韓国海軍駆逐艦による海自哨戒機への火器管制レーダー照射問題など最近の日韓関係の悪化は防衛交流にも影響し始めた。

 韓国で春に開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)の拡大国防相会議に合わせ、周辺海域では多国間の共同訓練が計画されている。その一環で防衛省はいずもなど数隻の釜山港への派遣を調整していた。

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文435文字)

あわせて読みたい

ニュース特集