メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気圧の低下は耳の三半規管で察知 哺乳類で初 愛知医科大

 マウスが気圧の低下を感知する部位が、内耳の中の平衡感覚をつかさどる器官「三半規管」にあることを、愛知医科大の佐藤純客員教授(疼痛(とうつう)医学)の研究グループが発見した。気圧の低下を感知する部位はこれまで鳥類では分かっていたが、哺乳類では初めてという。将来的に、気圧の低下に伴う疾患に特化した人への治療法の開発が期待される。26日、米科学誌「プロスワン」(電子版)に掲載された。

 天気の崩れで気圧が低下することで、頭痛がしたり気分が落ち込んだりすることは以前から知られ、「気象病…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文528文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  4. トイレットペーパーで性教育 漫画や絵で「正しい知識を」
  5. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです