すいすいわかる日本書紀 現代語訳と漫画で 初心者向け刊行

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「わかる日本書紀1」を手にする監修者の村田右富実・関西大教授=2018年12月25日、大川泰弘撮影
「わかる日本書紀1」を手にする監修者の村田右富実・関西大教授=2018年12月25日、大川泰弘撮影

 誰でも知っているが、通読した人は極めて少ないのが日本書紀。初心者向けに簡明な現代語訳と漫画で読める「わかる日本書紀1~神々と英雄の時代」(四六判328ページ、税抜き1400円)が西日本出版社(大阪)から刊行された。天地の始まりの神話から景行天皇とヤマトタケルの西征、東征までを扱っている。日本書紀の成立1300年となる来年春に最終巻の5巻までを刊行する計画だ。【大川泰弘】

 日本書紀全文の現代語訳は講談社学術文庫版(1988年)ぐらいしかなく、近年の研究成果を反映していない上、親しみやすい文章とは言いがたかった。そこでだれでも予備知識なしに全文を読める本を企画した。

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文664文字)

あわせて読みたい

注目の特集