メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

僧衣で運転、送致せず 福井県警「違反事実確認できず」

 福井市で昨年9月、僧衣を着て車を運転し、操作に支障があるとして交通反則切符(青切符)を切られた男性僧侶に対し、福井県警は26日、「違反事実が確認できなかった」として検察庁に送致しない方針を明らかにした。

     男性は、県道で軽乗用車を運転中に警察官に制止され、運転操作時の服装などについて定めた県道交法施行細則の規定に違反するとして、反則金6000円の青切符を渡された。白衣(はくえ)の裾が狭く、足が動かしづらいためブレーキ操作が遅れるなどと判断された。

     男性は反則金の支払いを拒否。全国の僧侶からも抗議の声が上がり、会員制交流サイト(SNS)には、僧衣で縄跳びをする様子など自在に動けることをアピールする動画が投稿され、注目された。

     反則金の支払いを拒み続けると検察庁に送致され、起訴される可能性もあった。しかし、県警交通指導課によると、改めて証拠の内容を精査した結果、細則に違反する事実を確認できないと判断。送致しない方針を男性に伝えたという。同課は「今後は慎重な捜査を心がけたい」としている。【塚本恒】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
    2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
    3. プロ野球 中日・松坂、腕引かれ右肩炎症 選手の安全か、ファン優先か 警備強化、対応に苦慮
    4. おかあさんといっしょ 「すりかえかめん」も終了 よしお兄さん「だじゃれはアドリブ」
    5. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです