メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なぜ学校の標本に…人骨判明の怪 鹿児島、佐賀など相次ぐ

学校の理科室に展示されている骨格標本

 各地の高校などで保管されていた頭蓋骨(ずがいこつ)などの標本が、本物と判明するケースが相次いでいる。昨年6月に鹿児島市の高校にあった頭蓋骨が人骨だったと報じられたのを機に、各学校が標本の調査に乗り出し、鑑定結果が出始めているとみられる。なぜ学校に本物の人骨があったのか。

 発端は、2016年7月に鹿児島県立鶴丸高(鹿児島市)で教諭が生物講義室の標本棚から見つけた頭蓋骨らしき骨だった。県警などが鑑定したところ、約50年前に死亡した女性の骨とみられることが分かった。事件性はなく、引き取り先がないため、市は法律に基づいて火葬し、埋葬した。

 この事案を受けて、佐賀県教委が県立学校を対象に保管している標本の確認を通知したところ、今月中旬、佐賀西高(佐賀市)と神埼清明高(神埼市)にあった頭蓋骨と、三養基(みやき)高(みやき町)にあったホルマリン漬けの脳が、県警の鑑定で人のものと確認された。

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1281文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

  4. 三菱重工広島が逃げ切る 日本製鉄鹿島は本塁打2本も一歩及ばず 都市対抗

  5. 東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです