メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

なぜ学校の標本に…人骨判明の怪 鹿児島、佐賀など相次ぐ

学校の理科室に展示されている骨格標本

 各地の高校などで保管されていた頭蓋骨(ずがいこつ)などの標本が、本物と判明するケースが相次いでいる。昨年6月に鹿児島市の高校にあった頭蓋骨が人骨だったと報じられたのを機に、各学校が標本の調査に乗り出し、鑑定結果が出始めているとみられる。なぜ学校に本物の人骨があったのか。

 発端は、2016年7月に鹿児島県立鶴丸高(鹿児島市)で教諭が生物講義室の標本棚から見つけた頭蓋骨らしき骨だった。県警などが鑑定したところ、約50年前に死亡した女性の骨とみられることが分かった。事件性はなく、引き取り先がないため、市は法律に基づいて火葬し、埋葬した。

 この事案を受けて、佐賀県教委が県立学校を対象に保管している標本の確認を通知したところ、今月中旬、佐…

この記事は有料記事です。

残り962文字(全文1281文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです