メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大坂なおみ、全豪テニス初優勝 4大大会連覇 日本勢初の世界1位に

全豪オープン女子シングルス決勝でポイントを獲得し拳を握る大坂なおみ=2019年1月26日、AP

 【メルボルン新井隆一】テニスの4大大会第1戦、全豪オープン第13日は26日、当地のメルボルン・パークで女子シングルス決勝が行われ、第4シードの大坂なおみ(21)=日清食品=が第8シードのペトラ・クビトバ(28)=チェコ=を7―6、5―7、6―4で降し、男女を通じて日本選手初の全豪優勝を果たした。

 昨年の全米オープンで初優勝した大坂は、2015年のウィンブルドン選手権まで4連勝したセリーナ・ウィリアムズ(米国)以来となる4大大会2連勝。過去1年間のツアー成績による28日発表の世界ランキングで、アジア勢初のシングルス1位になることが確定した。

 4大大会で初制覇からの2連勝は、01年の全豪、全仏を制したジェニファー・カプリアティ(米国)以来18年ぶり。

本当に光栄

 大坂なおみ ずっと暑い中でもファンの皆さんが来てくれて、応援してくれた。この決勝でプレーできたことを本当に光栄に思う。みなさんありがとう。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  2. 戦後70年 今も続いている国民への忍耐押しつけ
  3. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  4. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです