特集

大坂なおみ(テニス)|東京オリンピック

「うつ」告白からの復帰戦。精神的な不安は完全に癒えるはずもないが、母国日本での五輪に参加したい思いがある

特集一覧

「大坂時代」到来印象づけ 全豪テニス初V

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 26日行われたテニスの4大大会、全豪オープン女子シングルス決勝で、日本選手として初優勝した大坂なおみ(21)=日清食品。死力を振り絞った大坂は歓喜の瞬間、ラケットをコートにつき、しゃがみ込んだ。劣勢の場面でも粘り強く戦い、日本テニス史に新たな一ページを刻み込み、「決勝でプレーできて本当に光栄」と感極まった。

 今大会、大坂が口にしてきた言葉がある。「Mature」。成熟という意味だ。「思い通りにいかなくても受け入れること。私には難しいけど、とても大切」。心もプレーもコントロールできる成熟した選手になりたい――。マッチポイントを3度も握りながら第2セットを落とした後、懸命に立て直した姿には、そんな決意が表れていた。

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文903文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集