メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北の至宝

道内の文化財を訪ねて 旧永山武四郎邸(札幌) 「和洋折衷」先駆け 開拓時代の住宅様式 /北海道

 北海道で「武四郎」と言えば、まずは「北海道の名付け親」の探検家、松浦武四郎(1818~88年)だろうか。しかし、もう一人、忘れてはならない武四郎がいる。「屯田兵育ての父」の第2代北海道庁長官、永山武四郎(1837~1904年)だ。北海道の防備と開拓に使命を感じ、35歳で初めて来道し、生涯を屯田兵の育成にささげた。骨を埋める覚悟だったことを示すのが、現在の札幌市中央区北2東6に建てた私邸だ。【阿部義正】

 札幌市中央区の大型商業施設「サッポロファクトリー」に隣接する緑豊かな公園の一角にその私邸は建つ。北…

この記事は有料記事です。

残り1899文字(全文2152文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  4. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  5. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです