メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こちら仙台支局!

大崎・感覚ミュージアム 五感に向き合い、新たな世界 /宮城

 大崎市岩出山に五感をテーマにした全国でも珍しい体験型の美術館がある。その名も「感覚ミュージアム」。触れたり、聴いたり、嗅いだり……。普段何気なく使っている五感にあえて向き合うことで、新しい感覚を発見できるという。どんな体験ができるのか、さっそく足を運んでみた。【遠藤大志】

 ミュージアムは身体感覚をテーマとする「ダイアローグゾーン」と、想像力を触発し瞑想(めいそう)の世界へと誘う「モノローグゾーン」に分かれ、計12の展示物を楽しむことができる。ミュージアムの順路はダイアローグゾーンからスタート。最初にお目見えするのが、直径3・2メートルの巨大な車輪状のらくがき装置「サークル・ン・サークル」だ。

 車輪についた台の上にあおむけになってペダルを手足でこぐことで、壁にチョークで白い線が書かれる仕組み…

この記事は有料記事です。

残り1027文字(全文1377文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  2. 熱中症か 北海道と宮城の男性が死亡
  3. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  4. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  5. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです