メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

お試し住宅

「お試し」で住んでみて 移住促進、空き家整備へ 京丹後 /京都

整備を始める「お試し住宅」の前に立つ三重・森本里力再生協議会の新田良文会長(左端)や移住支援員=京都府京丹後市大宮町森本で、塩田敏夫撮影

 京丹後市大宮町の三重・森本里力再生協議会は27日、移住者のための「お試し住宅」の整備を始める。地域に滞在し、地域のことをじっくりと知ってもらうことが目的だ。整備には住民だけでなく、募集したボランティアも参加する予定。「お試し住宅」は行政が整備したものはあるが、地域住民自らが取り組むのは府内初という。

 三重・森本地区は山陰近畿自動車道の京丹後大宮インターを挟む集落で、京丹後市の南の玄関口にある。内山…

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文677文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. なぜ相次ぐ有名人の薬物事件 背景にプレッシャー?

  4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです