特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第91回選抜高校野球

「興奮は昨日まで」 初出場決定の筑陽学園、切り替えて練習 雪舞い室内で「まず1勝に全力」 /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
体幹トレーニングをする筑陽学園の選手たち=福岡県筑前町で、宗岡敬介撮影 拡大
体幹トレーニングをする筑陽学園の選手たち=福岡県筑前町で、宗岡敬介撮影

 <センバツ甲子園>

 第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社など主催)への初出場が決まった筑陽学園(太宰府市)の選手たちは、出場決定から一夜明けた26日、甲子園を見据えて練習した。選手たちは終始リラックスした表情で、打撃練習などで汗を流した。

 雪が舞う厳しい寒さのため、この日は午前8時ごろから約4時間、筑前町の室内練習場でトスバッティングや体幹トレーニングなどで体を動かした。福岡大真選手(2年)は「甲子園では勝負強いバッティングをしたい」と気持ちを引き締めていた。

 江原佑哉主将(2年)は「昨日までは興奮があったが、切り替えて練習に取り組めた。これまでやってきた事を変えず、粘り強く戦い、まずは1勝を全力で取りに行きたい」と力を込めた。【宗岡敬介】

〔福岡都市圏版〕

次に読みたい

あわせて読みたい