メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人めぐり

熊本子ども囲碁普及会理事長 福間喜一郎さん(69)=熊本県菊陽町 世界を相手に戦って /熊本

 「布石を打つ」「定石通り」。慣用句になるほど、囲碁は日本人の生活に深く根ざしている。NPO法人「熊本子ども囲碁普及会」は奥深い囲碁の魅力を次代に継承しようと、子どもたちに囲碁を教え続けてきた。大阪市の小学4年生、仲邑菫(なかむらすみれ)さん(9)が今年4月、史上最年少でプロ棋士になることが決まり、脚光を浴びる囲碁。理事長の福間喜一郎さん(69)に将来への思いを聞いた。【中里顕】

 Q 会では子どもたちに囲碁を楽しんでもらおうとさまざまな活動をしていますね

この記事は有料記事です。

残り1004文字(全文1233文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  5. 内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです