メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

一転妥協 政府機関一時再開へ

 【ワシントン中井正裕】米連邦政府の予算失効に伴う政府機関の一部閉鎖を巡り、トランプ米大統領は25日、政府機関の一時再開で米議会と合意し、2月15日まで政府支出を手当てするつなぎ予算に署名した。これで昨年末から過去最長の35日間続いた政府機関閉鎖はいったん解除された。

 つなぎ予算には、トランプ氏がこだわるメキシコ国境に壁を建設する費用は盛り込まれていない。しかし、政府機関閉鎖の影響が市民生活に拡大。トランプ政権への批判が強まる中、壁予算を巡って野党・民主党から譲歩を引き出せず妥協した形だ。

 トランプ氏は、メキシコ国境からの不法移民や麻薬の流入を防止するとの理由で、2019会計年度(18年…

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文766文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. GSOMIA継続 方針転換に輸出管理巡る日韓対話合意

  5. GSOMIA失効回避も 日韓経済の回復遠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです