メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

自殺対策のおとっちゃん(その1) 命救う糸、張り続け

秋田県のNPO法人「蜘蛛の糸」の佐藤久男理事長=喜屋武真之介撮影

 昨年11月21日、自殺防止に取り組む秋田県のNPO法人「蜘蛛(くも)の糸」の佐藤久男理事長(75)は、秋田市内にある雑居ビルの一室で、テーブル越しに60代の女性と向き合っていた。「『もうおしまいだ』と言えばそれまで。まず明日の朝を迎える。夜眠る時に『今日、生きてるなあ』と思う。その延長だよ」。優しい口調で語りかける。女性は「こんなに気持ちが穏やかになるなんて、思っていなかった」と笑みを浮かべた。

 3年ほど前、夫との死別を機にふさぎ込むようになった。いくつものカウンセリングを受けたが、気力を取り…

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文726文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです