メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

自殺対策のおとっちゃん(その1) 命救う糸、張り続け

秋田県のNPO法人「蜘蛛の糸」の佐藤久男理事長=喜屋武真之介撮影

 昨年11月21日、自殺防止に取り組む秋田県のNPO法人「蜘蛛(くも)の糸」の佐藤久男理事長(75)は、秋田市内にある雑居ビルの一室で、テーブル越しに60代の女性と向き合っていた。「『もうおしまいだ』と言えばそれまで。まず明日の朝を迎える。夜眠る時に『今日、生きてるなあ』と思う。その延長だよ」。優しい口調で語りかける。女性は「こんなに気持ちが穏やかになるなんて、思っていなかった」と笑みを浮かべた。

 3年ほど前、夫との死別を機にふさぎ込むようになった。いくつものカウンセリングを受けたが、気力を取り戻せない。「(天国で)お父さんが待っててくれるかな」。自殺が頭をよぎる中、知人の紹介で蜘蛛の糸に電話した。

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 西野七瀬、初舞台に緊張しきり「ストレッチからガチガチ…」

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

  5. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです