通常国会

波乱含み 野党足並みカギ あす召集

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
与野党対立が予想される通常国会のテーマ
与野党対立が予想される通常国会のテーマ

 第198通常国会は28日召集される。自民、公明両党は10月の消費税率引き上げに備え約2兆円の経済対策を盛り込んだ2019年度予算案を3月末までに成立させ、春の統一地方選や夏の参院選でアピールする構え。しかし、厚生労働省による毎月勤労統計の不正調査問題が安倍政権を直撃し、国会は冒頭から波乱含みだ。野党は足並みをそろえて政府・与党に対抗できるかが問われる。

 会期は6月26日までの150日間。延長がなければ公職選挙法の規定で参院選は7月21日投開票が有力で、その結果は安倍政権の行方を大きく左右する。

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文1027文字)

あわせて読みたい

注目の特集