メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ストーリー

自殺対策のおとっちゃん(その2止) 死なせてたまるか

日課となっている朝の散歩で、大木に触れる佐藤久男さん。「木の圧倒的な存在感に比べると、人生の悩みがちっぽけに感じるのですよ」と語る=秋田市で、川村咲平撮影

 

 ◆自殺防止 秋田モデルの先駆者

倒産、友の死で立つ

 佐藤久男さん(75)には、70年近くたった今も脳裏に焼き付いた光景がある。

 1951年10月。地元の男性らが玄関を蹴り飛ばし、戸板を担いで自宅の土間になだれ込んできた。戸板には、早朝に自宅を出たまま行方不明になっていた父の民治さん(当時48歳)が横たわっていた。父の死を悟り、7歳だった佐藤さんは母親の膝にしがみついて泣いた。

 真相は分からないが、「自殺じゃないかな。商売で誰かにだまされたのか」との印象が今も拭えない。NPO…

この記事は有料記事です。

残り4876文字(全文5117文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  2. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  3. 福岡の女子高で猿捕獲 17日から目撃情報

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです