メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セカンドステージ

賃貸住宅で暮らす 自宅売却、小さく心地よく

今の自宅で食卓を囲む(左から)藤野嘉子さん、賢治さん、嘉子さんの母。生活を見直した経験を嘉子さんは著書「60歳からは『小さくする』暮らし」(講談社)につづった=提供写真

 <くらしナビ ライフスタイル Second Stage>

 国の政策により借金して家を買うことが奨励された日本。総務省の2013年住宅・土地統計調査では高齢者世帯の持ち家所有率は8割を超える。だが老後が長くなると自宅の管理は重荷になる。見越して早めに賃貸住宅へ移る選択肢もある。

 ●力あるうちに行動

 フレンチレストラン経営者でシェフの藤野賢治さん(66)と料理研究家の嘉子さん(61)夫妻は2年前、東京都目黒区で25年暮らしたマンションの自宅を売却し、都内の中央区にある都市再生機構(UR)の賃貸住宅に引っ越した。

 きっかけは賢治さんが60歳を過ぎ、仕事の規模を縮小したこと。「資産と債務のバランスをとり事業を小さ…

この記事は有料記事です。

残り1934文字(全文2241文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  4. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  5. 鉄パイプ 工事現場で落下 歩行者頭に刺さり重体 六本木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです