メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セカンドステージ

賃貸住宅で暮らす 自宅売却、小さく心地よく

今の自宅で食卓を囲む(左から)藤野嘉子さん、賢治さん、嘉子さんの母。生活を見直した経験を嘉子さんは著書「60歳からは『小さくする』暮らし」(講談社)につづった=提供写真

 <くらしナビ ライフスタイル Second Stage>

 国の政策により借金して家を買うことが奨励された日本。総務省の2013年住宅・土地統計調査では高齢者世帯の持ち家所有率は8割を超える。だが老後が長くなると自宅の管理は重荷になる。見越して早めに賃貸住宅へ移る選択肢もある。

 ●力あるうちに行動

 フレンチレストラン経営者でシェフの藤野賢治さん(66)と料理研究家の嘉子さん(61)夫妻は2年前、東京都目黒区で25年暮らしたマンションの自宅を売却し、都内の中央区にある都市再生機構(UR)の賃貸住宅に引っ越した。

 きっかけは賢治さんが60歳を過ぎ、仕事の規模を縮小したこと。「資産と債務のバランスをとり事業を小さ…

この記事は有料記事です。

残り1934文字(全文2241文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄
  5. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです