メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

川本三郎・評 『謎とき『風と共に去りぬ』 矛盾と葛藤にみちた世界文学』=鴻巣友季子・著

 (新潮選書・1404円)

意表を突く着眼にも説得力

 従来の常識が次々にくつがえされてゆく痛快な書。『風と共に去りぬ』(Gone with the Wind 以下GWTW)は米南部の上流階級の令嬢スカーレット・オハラの恋愛を描くロマンス小説と思われているが、精読すると決してそうではないと著者は力説する。より複雑で重厚な構えを持っている。

 大衆的な恋愛小説と言われるのは映画版のGWTWの影響が大きい。ヴィヴィアン・リーがあまりに素晴らし…

この記事は有料記事です。

残り1249文字(全文1467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

  2. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. 「警察来ないと思った」 麻薬所持、沢尻容疑者供述

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです